主体美術協会とは

主体小史

第1回展 1965年 6月6日~19日

  • 東京都美術館裏口から入場、2ブロックのスペースで開催。
  • 美術団体無用論等があり美術関係ジャーナリストからは無視されたが、熱気あふれる第1回展となった。
新会員 城所昌夫、森田六男
責任者 吉江新二
事務局 赤塚 徹、磯村敏之、大村 連、倉石 隆、関 晴明、司 修、戸津勇作、中島保彦、中野 淳、西村保史郎、根岸 正、羽原智達、矢島甲子夫

第2回展 1966年 6月6日~19日

  • この年より巡回展開催。
    名古屋展(愛知県美術館)7月、京都展(京都市美術館)7月
    北九州展(八幡美術館)8月
  • 機関紙「主体美術」第1号発刊。
  • 主体美術第2回作品集発行。
  • 会員推挙は、’67.1、村松画廊に於ける会員展に佳作作家を招待出品し、そこで決定する方法を採った。
新会員 井上俊郎、植田寛治亀、山良雄、木村栄治、田中 淳
森 秀男、矢野利隆
逝去 矢島甲子夫(6月)享年47歳。
金井信一(10月)享年49歳。
責任者 大村 連 事務局 磯村敏之、羽原智達、加藤 一、深見公道
会計 吉江新二 研究 中野 淳、奈良清四郎

第3回展 1967年 6月6日~19日

  • 巡回展開催。
    名古屋展 6月26日~7月5日、京都展 7月16日~7月24日
    北九州展 9月
  • 会員展 村松画廊
新会員 荒木道之、石井義雄、鬼頭太三夫、久保田孝司、塚谷恵津子、筑波 進
退会 小林邦二、秀島 任
責任者 大村 連
会計 吉江新二
事務局 加藤 一、奈良清四郎、 羽原智達、深見公道、 宮崎照雄

第4回展 1968年 6月7日~19日

  • 主体美術展によせての会員デッサン集発刊
  • 会員展 村松画廊
新会員 加藤十三郎、加藤 勁、塚田重明、平沢理紀夫、舟見倹二、八幡三郎
退会 城所昌夫
責任者 大村 連
会計 吉江新二
事務局 石井義雄、加藤 一、 奈良清四郎、羽原智達、 深見公道、宮崎照雄

第5回展 1969年  6月7日~19日

  • 陳列作品に名札をつけず、番号のみによる表示方式を採用して、注目される。
  • 会友問題が提起され、主体美術の在り方及び体質をめぐり論議。
  • この年より作品合評集を発刊。
  • パンフレット「運動体としての主体美術をとらえる」をテーマとする。
佳作 伊志嶺保俊、岩見睦雄、尾形 武、尾崎平次、賀川 忠、北村尚史、清島 明、小島東洋治、島田武幸、鈴木佐智子、塚田猛昭、寺林正雄、長尾 和
中山雅子、野嶋佳浩、野本 醇、林 俊治、前田 進、吉田 弘、渡辺貞之
新会員 伊志嶺保俊、岩見睦雄、尾崎平次、島田武幸、塚田猛昭、長尾 和
野嶋佳浩、野本 醇、林 俊治、前田 進
責任者 川合喜二郎
事務局 岩織 治、植田寛治、 菊地長市、塩水流功、 戸津勇作、根岸 正、 松井 豊、森田六男
このページの先頭へ