主体美術協会とは

主体小史

第51回展 2015年 9月1日〜16日

  • 機関紙No.96(2月)、No.97(8月)を発行
  • 緩やかな傾向別と会員・出品者の区別展示、及び受賞作品と新人部門の集中展示を継承。
  • 51回展を新たなスタートと位置づけ、外に向けてのアピールを見える形で示すための改革を行う。
    ✳ 会員の出品作に規定外サイズ324㎝を申し込み制で設定   
    ✳ 従来の1、2室と7、8室の間の可働壁を無くし、広い部屋を2室つくる。   
    ✳ 1室は規定外作品を集中展示。5室を初期会員の部屋とする。
  • 9月1日と13日にアーティストトーク及び会場研究会を実施。
企画 講演:草薙奈津子(平塚市美術館館長) 「もう40年、学芸員しています」 講堂9/6
新人賞 落合梨乃、苫米地里穂、中原 純
佳作 上野信彦、落合修一、菊地史津、熊谷千代子、小松剛史、直井昭子、永井直子、長崎羊子、長濱志保、藤平由紀子、本郷梨衣、三浦順子、山岸 結
秀作 伊藤博昭、大口 満、河西恭子、久我英輔、桑原雄一、小松博映、佐々木満、髙澤信、長澤弘美、新島知夏、藤代康子、矢沢えつ子
新会員 伊藤博昭、大口 満、河西恭子、久我英輔、桑原雄一、小松博映、新島知夏、藤代康子
損保ジャパン
日本興亜美術財団賞
新島知夏
ベストセレクション展 井上樹里、グエン ディン ダン、﨤町勝治、水戸部千鶴
逝去 川手 𠮷(2014年10月)享年80歳
退会 五十嵐克己、加藤 勁、鴨狩泰代、酒井 健、高橋宣子、船川照枝
責任者 﨤町勝治 機関紙 山田礼二
会計 福田玲子 発送 石田俊哉
展覧会 結城智子、吉田 正 広告 林 哲生
研究 榎本香菜子、藤田俊哉 巡回展 大林賢三(名古屋)、岡本裕介(京都)
作品集 松本恵美、三笠晃裕 hp 長沢晋一

第52回展 2016年 9月1日〜16日

  • 機関紙No.98(2月)、No.99(8月)を発行
  • 全会員に向け、会員間のコミュニケーションの問題や、今後の発展的活動に向けてのアンケート調査を行った。回収率66%、多くの貴重な意見が寄せられた。
  • 一昨年2年任期で選ばれた展覧会委員7名に、事務局責任者を加え展示計画から実行までを行う。
  • 緩やかな傾向別展示とし、昨年と同じ室にならないよう配慮する。会員・出品者の区別展示、及び受賞作品と新人部門の集中展示を継承。
  • 昨年に引き続き、第1室と第6室を広くとり、規定外作品を中心に展示する。︎規定外作品は昨年は8点であったが、今年は11点となり、両部屋に分けて展示した。
  • 9月1日と11日にアーティストトーク及び会場研究会を実施。両日共に百名近い聴衆が集まる。
企画 映画上映 「いわさきちひろ 〜27歳の旅立ち〜」美術館講堂 9/4
新人賞 小川晴香、影山萌子、京野 澪、土田匠実
佳作 荒井美緒、伊藤吉一、井上雅仁、大西佐頼、小川晴香、落合梨乃、影山萌子、上村幸三、京野澪、小林惇子、Jimmy-Atget-Ohashi、土田匠実、長崎祐司、長崎羊子、西森聰子、長谷川好美、堀 温美、本郷梨衣、松尾陽子、三浦順子
秀作 大友惠子、北村奈美、坂田嘉憲、佐々木満、永井直子、長濵志保
新会員 大友惠子、坂田嘉憲、佐々木満、永井直子、長濵志保
損保ジャパン
日本興亜美術財団賞
薗田雅俊
逝去 富樫耕一(2015年10月)享年79歳
西村保史郎(2015年10月)享年99歳
前田 進 (2016年6月)享年87歳
吉江新二(2016年8月)享年96歳
退会 田中 淳、平松常子、村田和雄
責任者 﨤町勝治 機関紙 山田礼二
会計 福田玲子 発送 石田俊哉
展覧会 結城智子、吉田 正 広告 林 哲生
研究 榎本香菜子、藤田俊哉 巡回展 大林賢三(名古屋)、 森 慎二(京都)
作品集 松本恵美、三笠晃裕 HP 長沢晋一
このページの先頭へ