主体美術協会とは

主体小史

2020年

  • 機関紙106号(2月)、107号(8月)を発行。
  • 主体展秀作作家(2019)と会員小品展を新宿ヒルトピアにて開催。53名参加、会期1月16日~27日
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより以下の各地域展が中止となった。
    ・第54回主体美術中部作家展
    ・第52回主体美術神奈川作家展
    ・第48回主体美術武蔵野作家展
    ・主体関西作家展
    ・主体ちば作家展
    ・主体美術秋田作家展
  • 5月 会員及び出品者に、コロナ禍における「今の声」を聞く。149通のハガキ返信あり。
  • 5~6月 ZOOMを使いリモートの展覧会委員会を3回開催。どの様なかたちならば56回展が開催出来るかを検討する
  • 6月28日 例会にて今年度は第56回主体展を開催せず延期することを決定。
  • 6月29日 東京都美術館に展覧会中止届を提出
  • 11月 主体ホームページ上で「主体Webギャラリー2020~今をつなぐ~」を発信。会員131名参加
逝去田中朝庸(2020年2月)享年90歳
植田寬治(2020年2月)享年85歳
退会布施雅子、渡辺良三

2020 年/第 56 回主体展は、新型コロナウイルス感染拡大により開催せず一年延期

第56回主体展 2021 年 9 月 1 日〜9 月 17 日

  • 機関紙 No.108(2月)、No.109(8月)を発行
  • 会員と出品者の区別、緩やかな傾向別、前回と同じ部屋にならない展示を原則とした。
  • 企画展示は「素描のちから」、会員有志による素描38点の展示。
  • アーティストトーク、講演会、並びにレセプションはコロナウイルス感染症予防の観点から中止とした。
  • 搬入審査時には、マスク・検温・消毒・少人数での対応など感染予防対策を行う。特に審査会場が密閉空間であるため、特別処置として極力声を発しない審査を行った。
  • 出品しても会場に来ることを断念せざるを得ない会員や出品者の為に、業者に依頼しYouTubeで全展示作品を見ることが出来るようネット配信した。
新人賞有藤 光一
佳作足立 晋平、有藤 光一、池田 正子、大澤 政和、大野 喜代枝、川端 みち子、 小林 かずこ、小松 くみ、佐藤 セツ子、佐藤 良克、清水 佳奈、塚本 照子、 土川 祐子、西森聰子、藤本 もとひろ、宮本 圭子
秀作熱田 和博、荒井 美緒、井上 雅仁、岩部 晴子、太田 琴乃、小林 智江子、 戸田 礼子、長崎 祐司、鳩貝 悦子、日向 由美子、松尾 陽子、武蔵 義弘、 山﨑 清子
新会員熱田 和博、井上 雅仁、岩部 晴子、小林 智江子、戸田 礼子、長崎 祐司、 鳩貝 悦子、松尾 陽子、武蔵 義弘
逝去石崎 哲男(2020 年 11 月)享年 82 歳
退会賀川 忠、木村 正恒、髙澤 信
責任者福田 玲子会計齋藤 典久
展覧会薗田 雅俊、結城 智子研究井上 樹里、榎本 香菜子
作品集久我 英輔、桑原 雄一機関紙藤田 俊哉、山田 礼二
発送落合 梨乃広告黒川 洋
巡回展森 慎司(神戸)、伊藤明美(名古屋)H.P.長沢晋一
ページの先頭へ